ウニテリオス:セミリタイアして静かに暮らしたい

なるべく働かずに暮らしたいので資産運用をするが損ばっかりしてるド素人。あと資格とかアニメとか特撮とか玩具とか。

生き地獄!大暴落でトライオートETFと株価指数CFDを巨額損切り

f:id:bfun1122:20180908154910j:plain

大きくニュースにもなりました12月の大暴落によって、もはや投資は虫の息でございます。

もう書く気力も無いですけど、一応ご報告まで。

 

大暴落であらゆるものが大きな含み損を抱えています。

中でも最悪なのがトライオートETF、次いで株価指数CFDです。

共通するのは、レバレッジをかけた株であるということ。

この二つだけでマイナス200万円以上の含み損でした。

 

この二つは、初心者が投資を始めて一番早く万単位の利益が出たものです。

その代わり、大暴落で利益の10倍以上の損失が出ました。

まさにハイリスクですね。

 

暴落に次ぐ暴落でロスカットレート寸前まで来たので、一部損切りを決行しました。

トライオートETF損切り額は、マイナス70万円ほど。

株価指数CFDの損切り額は、マイナス30万円ほど。

トータルでマイナス100万円ほどとなります…。

 

トライオートETF損切り後にロスカットレートが大幅に下がったため、ロスカットの可能性は相当減りました。

ただ、元の水準まで回復するのは長い長い時間がかかると思われ、その間金利がかかり続けるため、タイミングを見て残りも損切りするのが妥当かと思っています。

株価指数CFDも、金利のかかるNYダウを損切りしたため、FTSE100の配当金が溜まるまでひたすら耐えることも可能になりました。

ただ、今後EU離脱等々でまた暴落の可能性は高く、基本は撤退の方向で考えています。

 

傍から見ると何馬鹿なことやってんだろう、という感じなんですが、リスクの高さというのも実際に暴落を喰らってみないと実感できなかったところなので仕方ないかと思っています。

溶かしたのが1000万円じゃなくて良かった、とでも思うしかありません。