ウニテリオス:セミリタイアして静かに暮らしたい

なるべく働かずに暮らしたいので資産運用をするが損ばっかりしてるド素人。あと資格とかアニメとか特撮とか玩具とか。

種から育てたドラゴンフルーツの思い出

以前の記事でフルーツを種から育てる趣味があると書きました。

今回は、育てた中でも初めて本格的に発芽を試みたフルーツである、ドラゴンフルーツをご紹介します。

 

ドラゴンフルーツとは南国フルーツで、実態はサボテンです。

Amazonから参考画像。

 

スーパーで買ったドラゴンフルーツ、切るとキウイのように小さな種が沢山あります。

普通は種ごと食べてしまいますが、その小さな種を取り出して、果肉を取ります。

濡れたティッシュの上にその種を置いておくと、2日で発根、10日で発芽しました。

13個試して、全部発芽したと記録に残っています。

その後、培養土に移しました。

f:id:bfun1122:20180811191913j:plain

サボテンなんですが、最初は双葉が出ます。

 

f:id:bfun1122:20180811191943j:plain

約1ヵ月後、先端にサボテンっぽいものが出現。

 

f:id:bfun1122:20180811192007j:plain

約2ヵ月後、サボテンっぽい部分がだんだんと大きくなってきます。

 

f:id:bfun1122:20180811192034j:plain

約3ヵ月後、徐々に大きくなっていきます。

 

f:id:bfun1122:20180811194146j:plain

約8ヵ月後、すっかりサボテン風の外見になりました。

 

f:id:bfun1122:20180811192119j:plain

約10ヵ月後、ぐにゃぐにゃでもう、手に負えない…。

 

この後、コバエが沸くので屋外に出したのですが、ドラゴンフルーツは南国フルーツでサボテンなので、寒さにとても弱いです。

f:id:bfun1122:20180811192222j:plain

こちらが約7年後の姿。冬になるたびに緑の茎が茶色くなり、そして黒くなって腐ってしまいます。

それでも毎年、暖かくなってくると新芽が出て復活していたのですが、今年の冬は越せなかったようで、ついに力尽きました。

種から育てて約10年でした。

 

結局、実がなることは無く枯れてしまったのですが、初めて本格的に発芽を試みたフルーツなので思い出深いです。

とにかく寒さに弱いので、サンルーフがある一戸建てだと、良い感じに育てられたんじゃないかな、と思います。