ウニテリオス:セミリタイアして静かに暮らしたい

なるべく働かずに暮らしたいので資産運用をがんばるド素人。あと資格とかアニメとか特撮とか玩具とか。

2018秋アニメ 見始めた感想

2018秋アニメを見始めました。

毎期のことですが、第1話の山を崩して視聴作品を選別するときが一番苦しいです。

いつも作品が大量にあるから、観るのが面倒になってなかなか…。

まだあと十数本残っていますけど、既に視聴継続を決めたのが結構あるので感想を上げておきます。

 

SSSS.GRIDMAN

原典は、90年代に放送していた特撮ヒーロー番組です。

続編なのかパラレル設定なのか判然としませんが、何故か今アニメとして蘇りました。

昔の特撮版は当時観ていました。コンピューターワールドという、今で言う仮想世界で戦うヒーローです。

今回、その懐かしいグリッドマンが何故かアニメになるということですが、最初はあまり興味を惹かれませんでした。

第一に、特撮版は当時としては斬新な設定が色々と登場する意欲作だと思いますが、正直自分はあまり好きではありませんでした。

第二に、特撮作品をアニメにするという点。前例はいくつかありますが、個人的には、そこに価値を見出せませんでいた。

しかしtwitterでかなり話題になっているので観てみることにしたところ、これが面白い!

観て思ったんですがこの作品、昔の特撮のアニメ化云々を抜きにして、単体のアニメ作品としてよく出来ているんですね。

全体に漂う不穏な空気感も、特撮版に比べて圧倒的に可愛い女の子たちも、深夜アニメとして最適な感じになっていると思います。

 

ゾンビランドサガ

アイドル・オーディションの封筒を手にした女の子が、家を出た瞬間にトラックに轢かれて死亡…10年後の佐賀県にてゾンビとして蘇り、ご当地アイドルとして活動することになるという、正気を疑う設定美少女アニメ

基本的にコメディだけど、蛆が沸いて朽ちるしかないゾンビになってなお、生前のアイドルという夢に囚われる様には儚さを感じるような気がしなくもないです。

 

ゴブリンスレイヤー

復讐のため、ひたすらストイックにゴブリンを狩り続けるゴブリンスレイヤーのお話…ということは敵はゴブリンしか出ないわけで、それで話が続くのか?と興味が沸きます。

女性はゴブリンにレ○プされて孕み袋(酷すぎるネーミング!)にされるという極悪な設定があるので、女性キャラが出てくるとハラハラしますね…。

無料公開されていた小説やマンガも読んでみました。

心に引っかかる作品です。

 

転生したらスライムだった件

もはや何度目かも分らない異世界転生の俺TUEE系だけども、主人公がスライムという特徴のおかげかゲンナリ感は少ないです。

OP・EDで人間化しちゃってるけど、ずっとスライムのほうが良いのに。

ゴブリン村とか出てくるのでゴブスレと混濁…。

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション

SAOが久しぶりに復活。

今回の話は長くて4クールやるとか?それはすごい…。

しかし今のところずいぶんとスローペースな感じで。

特に初回1時間あったこともあって、他のアニメに比べると、もうちょっとテンポ良くやって欲しいな~とか思ったりも。

 

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

ジョジョ・アニメも遂に第五部の放映です。

この五部まではマンガ全巻初版で揃えてましたよ、懐かしい…。

出来はいつも通りっぽいので心配は無いでしょう。

しかし五部は凄惨な描写が多いので、画面がどのくらい黒くなるんだろう…ってとこが気になる点かも。

 

からくりサーカス

昔、週間少年サンデーで連載していたマンガのアニメ化です。

原作は相当長いけど、3クールらしいのでどうダイジェストするのかがポイントですね。

ぶっちゃけ、この辺いらねーよとか思うところはありますが、それがどうなるか…。

ちょっと思い出のある作品なので楽しみですね。

 

宇宙戦艦ティラミス

まぁ、相変わらずっすね。

馬鹿馬鹿しく短いので良いです。